看護師として働く道

看護師を辞めることを考えはじめたとき、その意味を再度確認しておくことが大切だ。職場でつらい思いをしたりミスをしてしまったり、勤務が大変になったりして辞めようと考える人は少なくない。その際、完全に仕事から離れ、もう看護師として働くことはないという決断をする人もいる。そう考えてはみたものの、仕事をしない日々にストレスを感じるようになってしまう人もいるのが事実だ。また、やはり働きたいと思い直してみても、再就職するのに苦労した経験がある人もいるだろう。
決断する前に考えておいた方がいいのは、辞めるという意味は看護師として働かないということなのではないかという点である。資格を取ったから他の働き方はない、と考えてしまうこともあるようだ。しかし、仕事は続けたいという気持ちがあれば、それを叶えることはできる。必ずしも、看護師として働かなければならないわけではない。また、臨床現場では働かないという考え方も可能だろう。行政や企業で働くという選択肢もあるため、看護や医療に関わり合いながらも、臨床現場での仕事には携わらないという選択をすることもできるのだ。
一度仕事を完全に離れてしまうと、再就職するのは容易でないケースもある。しかし、辞める前に思い直して仕事には携わっていきたいと考えるのであれば、キャリアを活かした転職が可能になるだろう。働き方は1つだけではないということを認識し、まずは働き続ける気持ちがあるかどうかを自分に問うことが大切なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です